鬼滅の刃煉獄杏寿郎の父や兄弟は?そして継子も!

鬼滅の刃の煉獄杏寿郎 鬼滅の刃

無料でマンガを読む方法といえば、「漫画村」に代表されるようなサイトを使うか、

海外サイトからZIPやrarでダウンロードする方法がひと昔前の主流でした。

しかし、漫画村がニュースになったように、この方法は「違法」なんです!!

そうなると、無料で読むというのは難しいんでしょうか?

 

「実は、無料で読む方法は、あるんです!!」

その方法をとにかく知りたい人は、こちら ⇒ 最新刊を無料で読む方法

鬼滅の刃の炎柱・煉獄杏寿郎の父はどんな人なんでしょうか。

また、兄弟がいるのかまとめました。

そして、意外に知られていない継子についてもまとめていきます。

<スポンサードリンク>


煉獄杏寿郎の父はどんな人

煉獄 槇寿郎(れんごく しんじゅろう)

実は、元炎柱だったんです。

今の炎柱が煉獄杏寿郎なので、同じ炎柱ということですね。

顔もそっくりです(笑)

酒びたり

元炎柱ということで、今は、鬼殺隊を辞めています。

どうやら、家にいるように感じますね。

酒を片手に、いつも酔っぱらって登場します(笑)

酒びたりになった理由

煉獄杏寿郎の父、槇寿郎が酒びたりになったのは、理由が2つあります。

1つ目は、自分の力のなさを感じてしまったこと。

2つ目は、奥さんがなくなったことです。

この2つのタイミングが重なってしまったことによって、酒に逃げるようになってしまったようです。

煉獄杏寿郎の母はどんな人

煉獄 瑠火(れんごく るか)

煉獄杏寿郎が、まだ小さい時に亡くなってしまいました。

父が酒におぼれるようになったころですね。

煉獄杏寿郎の母とは

「弱き人を助けることは、強く生まれたものの責務」と教えているように、厳しく杏寿郎を教育していたようです。

この教えを杏寿郎が大切に守っていたことが、猗窩座との戦いの後にも表れています。

しかし、厳しいながらに、やさしさも垣間見ることができますね。

 

猗窩座との戦いが、気になる方は、コミック7巻~8巻をぜひ見てくださいね。

\最新刊を無料・安全で読むにはこちら

➡ U-NEXT

最大50%OFFで購入して読むならこちら

➡ ebook

煉獄杏寿郎の兄弟はどんな人

煉獄 千寿郎(れんごく せんじゅうろう)

煉獄杏寿郎には弟が一人います。

顔はよく似ていますが、どことなく頼りない雰囲気があります。

煉獄杏寿郎の弟とは

顔は、父や兄ににていますが、剣の腕は、似なかったようです。

そのこともあり、自信をなくしてしまっています。

しかし、炭次郎にあって、やるべきことを見つけていきます。

炭次郎とは文通仲間とか(笑)

煉獄杏寿郎の継子は誰?

柱の後継者として、柱から指導を受けることができるのが継子ですね。

煉獄杏寿郎に継子はいたんでしょうか?

煉獄の継子は?

現在、煉獄杏寿郎に継子はいません。

コミックでも継子としての登場人物はいませんでした。

過去の継子は?

おそらく、過去には、何人か継子がいたのではないでしょうか。

煉獄杏寿郎の性格からして、継子にしてほしいといわれたら、断らずに育てたのではないかと思えます。

しかし、柱の特訓は厳しいので、おそらく、柱になる前に、挫折した人が多かったのではないでしょうか。

あの人も継子だった?

実は、恋柱の甘露寺蜜璃が、煉獄杏寿郎の継子だったそうです。

しかし、炎の呼吸が合わなかったとか。

確かに、甘露寺蜜璃が炎の呼吸というのは、ちょっとイメージがわかないですよね。

鬼滅の刃煉獄杏寿郎の父や兄弟はのまとめ

炎柱・煉獄杏寿郎の父や母、兄弟についてまとめました。

煉獄杏寿郎の父は、元炎柱ということで、その遺伝子を受けついでいそうですね。

顔もそっくりですしね。

お母さんは亡くなっていますが、その教えは、杏寿郎の心に深く刻まれていました。

弟の千寿郎は、顔はそっくりですが、剣の方は、苦手のようです。

意外だったのは、元継子の存在です。

まさか、甘露寺蜜璃さんとは(笑)

↓最新刊を無料・安全読むにはこちら↓

U-NEXT

最大50%OFFで購入して読むならこちら↓

ebook

漫画村ではダメ?

「無料でマンガが読めるサイト」といえば漫画村が有名ですよね。

しかし、漫画村は、違法サイトだったんです!

無料で読めるなんて、怪しいですよね。

ZIPやrarは大丈夫?

海外サイトから、ZIPやrarでデータをダウンロードして無料で読むという方法もあります!

しかし、これも、もちろん「違法」なんです。

ダウンロードするときに、ウィルスに感染する可能性があるので要注意です!!

ウイルスに感染してしまうと元に戻すのがとても大変なんです。

<スポンサードリンク>